馬プラセンタ副作用

 

馬プラセンタ副作用

 

馬プラセンタって副作用は大丈夫なのでしょうか

 

 

プラセンタの副作用の例としては、ホルモンの分泌量増加などによる影響です

 

馬は豚と比べて病原菌はほとんどありまでんから豚プラセンタより安全といえるでしょう

 

しかも馬は衛生的にも整った場所で飼育されていますし、大切に育てられているから安全です

 

なので馬の胎盤からは安全なプラセンタエキスが抽出されています

 

馬プラセンタはプラセンタの中でもきわめて副作用は心配しなくてもいいほどの安全性があります

 

アンチエイジングなどに素晴らしい効果があるプラセンタですが、効果がある分、副作用もあるのではないか?と心配されている方もいらっしゃると思います。
プラセンタにもいろいろ種類があるのですが、特に馬プラセンタの副作用はないと言われています。

 

まず、豚プラセンタの場合、豚は成長の際多数の豚が同じ檻の中で飼育されるため、病気予防として、ワクチンや薬が投与されるため、それがプラセンタの元となる、子宮に何らかの影響がある可能性はあります。

 

しかし馬は、1頭1頭綺麗な環境で育てられるため、ワクチンや薬の投与はありませんし、そもそも馬自体の体温が高いため、豚に比べ、病原菌や寄生虫を持っている可能性が少ないのです。
ですので、馬プラセンタであれば、副作用の心配をする心配はなく、安全なプラセンタと言えるでしょう。

 

ただし、稀に報告されるケースとして、プラセンタを飲み始めた頃に、体調が悪い場合やアトピーの方は、軽い拒絶反応を起こす場合があるようです。
体がかゆくなったりしますが、これはプラセンタが急に入ってきたため、体がビックリして反応しているだけで、飲み続けるか、量を少し減らすと体が慣れ反応が治まる場合がほとんどです。
ただし症状が治らない、またはひどくなったなど心配な方は病院で相談する事をお勧めします。

 

またプラセンタを飲むことにより、生理周期に乱れが出たり、生理時の出血量が増えるなどの症状が出る場合がありますが、こちらも体がプラセンタに慣れる事で元に戻っていきますので、さほど心配する必要はありません。
ですので、プラセンタを摂り続けても問題はありません。

 

ただし、このようにプラセンタは女性ホルモンに影響する場合があるので、更年期障害や乳がんなどの治療を行っている方は、プラセンタをとる前に事前に医師に相談した方が良いでしょう。
また、他のサプリメントと同様、体に疾患がある場合は、念のため、馬プラセンタを摂る前に医師に相談したほうが良いでしょう。

 

詳細はここから↓


 

 

馬プラセンタ副作用関連ページ

馬プラセンタ効果